PENTAX K-1 レンズ・ラボ 夏休み企画

優秀作品 壁紙

新たな朝

by きくっちゃん


1920x1080 px


1024x768 px

静寂

by ひろP


1920x1080 px


1024x768 px

体感&トークライブ スペシャルレポート体感&トークライブ スペシャルレポート

PENTAX K-1体感&トークライブにご来場いただき、誠にありがとうございました。
3月5日(土)の大阪を皮切りに、全国5都市で開催しました。
<3/5大阪、3/12・13東京、3/19名古屋、3/21福岡、3/26札幌>

田中希美男先生とリコーイメージング開発者との「PENTAX K-1開発者対談」。マル秘エピソードや辛口?トークも交え、ここでしか聞けない貴重な話など盛りだくさんの内容でした。

中西敏貴先生による「PENTAX K-1で描く冬の世界」。北海道を舞台にしたPENTAX K-1のファーストインプレッション。素晴らしい作品とPENTAX K-1を駆使した撮影スタイルに魅了されました。

谷口泉先生とユーザー代表による「PENTAX K-1先行撮影体験ワークショップ」。まだ発売されていないPENTAX K-1で、体感&トークライブ会場から屋外に出て撮影。聴講者と同じ目線で、その魅力を語っていただきました。

有名写真家による数々のハイクオリティな作品を展示。豊かな階調、臨場感と解像力。
作品を通して、PENTAX K-1の実力をご覧いただきました。

PENTAX K-1の多彩な撮影機能と、その高品質を体感していただきました。最新のD FA★、D FAレンズはもちろん、FAシリーズやDAシリーズ、もう発売が終了しているレンズまでさまざまなレンズでの撮影を楽しんでいただくことができました。
高感度体験コーナーでは、ノイズ耐性に優れたセンサーと画像エンジンの組み合わせにより実現した超高感度性能を体験いただきました。

CP+2016 スペシャルレポート

CP+2016 ペンタックスブースにご来場いただき、誠にありがとうございました。
大盛況のうちに幕を閉じることができました。「もう一度、見たい」等の多数のご要望をいただきましたので、ここにスペシャルレポートとしてお届けさせていただきます。

セミナーステージ

著名プロカメラマンによるPENTAX K-1のセミナー。
製品の魅力やテクノロジーそして撮影した実感など、PENTAX K-1について語りつくしていただきました。
*登壇順

PROFILE

多摩美術大学・多摩芸術学園写真科を卒業後、フリーランスフォトグラファーに。おもにクルマの撮影を専門とするが、人物、風景、スナップなど撮影分野は多岐に渡る。雑誌などで新型カメラやレンズのレポート、撮影ハウツウの解説なども手がける。おもな出版書籍は「デジタル一眼上達講座」、「デジタル一眼"交換レンズ 入門」(ともにアスキー新書)、「デジタル一眼レフ・写真の撮り方」(技術評論社)、「名車交遊録」(原書房) 、「名車探求」(立風書房)など。写真展など多数開催。 現在、カメラやレンズ、写真関連の雑感を写真ブログ『Photo of the Day』やtwitter『@thisistanaka』で情報を発信中。

PROFILE

1962年東京生まれ。日本大学芸術学部卒業後、出版社マガジンハウス入社。雑誌「クロワッサン」「ターザン」「ポパイ」「ブルータス」の撮影を担当。2010年フリーランスとなる。1990年頃よりデジタル加工を始め、1997年頃からは撮影もデジタル化。デジタルフォトの黎明期を過ごす。2004年/2008年雑誌写真記者会優秀賞。レタッチ、プリントに造詣が深く著書に「 Photoshop Camera RAW レタッチワークフロー」、美しいプリントを作るための教科書がある。長時間露光、超高感度は学生時代の研究・制作テーマであり、当時から現在まで作品表現の中核としている。

PROFILE

◎名古屋市在住 ◎高井哲朗氏に師事
2015年〜略歴
・2015 2月 CP+2015 リコーイメージング株式会社セミナーブース 「究極のポートレートカメラ 645Z」講演
・2015 5月 PHOTO NEXT 2015 リコーイメージング株式会社セミナーブース「究極のポートレート撮影」講演
・2015 6月 東京渋谷 写真展「闇の王Ⅱ」主催
・2015 10月 リコーイメージングスクエア新宿にて個展開催
・2015 12月 中部地区最大規模のポートレート写真展 REAL PORTRAIT NAGOYA 2015 主催
・2016 2月 ロサンゼルスにて、写真展出展

PROFILE

1969年東京生まれ。東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)卒業後、フリーランスのカメラマンとして活動。自然の優しさをテーマに、虫や花、風景など幅広作品を発表。同時に写真雑誌への記事執筆やカメラメーカーの写真教室講師などを務める。現在、北海道標茶町へ移転し、「いのちの景色」を新たなテーマとして撮影中。写真展「いのちの景色 北の大地から」・「光の色・風の色」など多数開催。写真集「いのちの景色 釧路湿原」・「Small Life -わが庭の仲間たち-」。電子書籍「いのちの景色 北の大地から」、「ぼろフォト解決シリーズ 645Zプロの撮り方」、「ぼろフォト解決シリーズ K-3IIプロの撮り方」など多数。

PENTAX K-1 プレゼンテーションコーナー&テクノロジーコーナー

PENTAX K-1の凝縮されたテクノロジーを紹介するコーナーです。
多くの来場者の方々が、最新の技術を熱心にご覧になっていました。

PENTAX K-1 タッチ&トライコーナー

多くの来場者の方にPENTAX K-1を手にとっていただき、多彩な撮影機能と、その高品質感を実感いただくことができました。
さらに、最新のD FA★、D FAレンズはもちろん、以前に発売したFAやAPS-Cサイズ対応のDAシリーズを装着しての撮影に加え、ご自身が愛用しているレンズでの撮影も楽しんでいただきました。